スピットボーイのルール 人種・階級・女性のパンク / ミシェル・クルーズ・ゴンザレス著 [BOOK]

Category : LP / 12 INCH

90'sフェミニスト・ハードコア、Spitboy!!!ドラマーのミシェル・“トッド”・ゴンザレスによる回想記の日本語版がGray Window Pressより!!

「私の身体は私のもの」をスローガンに、1990年代のアメリカで活動し、今日に至るまで世界中のパンクスに影響を与え続ける、メンバー全員女性のフェミニスト・ハードコア・パンク・バンドSpitboy(スピットボーイ)。そのドラマー、ミシェル・“トッド”・ゴンザレスの2016年発表の自伝の日本語版が登場。
ミドルクラス白人男性が支配的なアメリカのパンク・シーンにおいて、チカーナ(メキシコ系アメリカ人女性)として、ミソジニー、セクシズム、レイシズム、暴力に正面から立ち向かい、日本を含む世界中をツアーで駆け巡り、女性の居場所を創造し、またその過程で有色パンクとしてのアイデンティティを探求した、ひとりの女性パンクロック・ドラマーの苦闘の記録。

まえがき:ミミ・ティ・グエン、マーティン・ソロンデガイ(Los Crudos, Limp Wrist)
女性である「私」のパンク―解説に代えて:ERIKO(M.A.Z.E.)
鈴木智士 訳
カバーデザイン:大田まさ子
四六判 並製 224ページ
日本語

目次:
バンドはアイデンティティではない
ライオット・ガールのバンドじゃない
白人のクソ女を殺せ
パンク・ポイント
悪の華
The Threat―脅威―
パンクロック・ドラマーの女性版フィル・コリンズ
手を上げて出てこい
黙って演奏しろ
リトルロックへ行く
人種、階級、スピットボーイ
スピットボーイのルール
FishかFugaziか
ピート・ザ・ローディー
私の身体は私のもの
カート・コバーンが死んだ
最高の思い込み
ホームシックの処方箋
サウンドチェック、レズビアンたち、長いセット
荒い生存
日本人になる
スピットボーイ:創造の物語

著者紹介:
ミシェル・クルーズ・ゴンザレス
Michelle Cruz Gonzales
1969年イーストLA生まれ。カリフォルニア州の小さな町、トゥオルミで育つ。1980年代から90年代の間に、Bitch Fight、Spitboy、Instant Girlの3つのバンドで活動。『スピットボーイのルール』出版後は、小説の執筆や、アンソロジー、文芸誌、ウェブマガジンなどに寄稿を続けながら、英語とクリエイティヴ・ライティングを教えている。
https://punk-writer-michelle-cruz-gonzales.com/
@xicanabrava

PRICE

1,870円(税込)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

NEW ARRIVALS!!!

CATEGORY!!!

SEARCH!!!

CART!!!

View Cart

LINK!!!

Blog
BBS

Feeds

RSS - ATOM